ぼちぼちいきましょう

福岡、熊本、大分を中心とした、名所や季節の風景の写真を紹介しています。福岡県在住の“アラ古希”の女性です。

Entries

抹茶色の山並み

緑が色濃くなった阿蘇の山並みが見たくて
晴れの予報で出かけたものの・・・
212号線 大山川に架かる木橋を見ながら、松原ダム方面へ。

大山川


ダム湖は洪水に供えて水位を下げているそうで
周辺の土手の土面が大分見えていた。
道の駅小国ゆうスティションに立ち寄ります。

ゆうスティション

木造立体トラスト工法の、ゆうスティション
1階は、お土産コーナー
2階は、ギャラリー、観光情報もここで。

ギャラリー

総ミラーガラスが覆う、モダンな建物
組み立て細工のようで面白い。

総ミラーガラス

212号線 日田往還
3月に通った時、野焼き後の山野は焦げ茶色だったが
今は抹茶色に。

山並み


道

この道が好きなんですよ
天国へ続く道・・・
この先はどうなっている?なんて
怪しげな空模様です。

天国へ続く道

雨がポツポツ
根子岳が見えて来た。

根子岳

雄大な阿蘇五岳
やっぱり阿蘇は良いなあ!

阿蘇五岳

真ん中あたりに米塚が、ひょっこり顔を出しています。

米塚

阿蘇市へ下りて来ました
目の前に根子岳が
ゴツゴツとした力強い山容を見せてくれる。

下界で

阿蘇の山並みは、何処を見ても抹茶色に。

抹茶色

まだ旅は続きます。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

紫陽花と、ひまわりの花

何処を歩いても其々に紫陽花が咲いている
私は、このブルー系の紫陽花が好きです。

アジサイ

写真を撮っていると
ビュ~ンと特急ソニックが通り過ぎて行く
ブルーの色が被っている。

特急

こちらは、図書館
本を読んだり、借りたり休憩したり・・・
私のオアシスです。

図書館

図書館でも
紅い紫陽花が目を引きます。

図書館2

紅い

葉っぱに滴を受けて。

滴

あちこちで咲いている黄色の花
君の名は?

黄色の花

ニンニクの花
まるでネギ坊主だ。

ニンニクの花

我が家にも紫陽花が咲いています
雨空に白い花。

雨空

ウオーキング途中で・・・
もう、ひまわりの花が咲いていた
背丈は、2mくらい
季節を先取りですね

季節外れ

梅雨空の紫陽花
夏を思わせる、ひまわり
季節は移ろって行く
今日も平凡な一日が過ぎて行く。


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

何気ない風景

陽射しは強いが、心地よい風に誘われて
近辺を歩いてきました。
まだ菖蒲の花が畑の片隅に見られます。
その向こうで、草刈りに余念のないご夫婦の姿も。

花菖蒲

梅雨時は雑草も元気良く
我が家でも、狭い庭乍ら草取りに格闘?しています。

花菖蒲2

少し上れば景色も変わって。
スクスクと育って居る田んぼの向こうに
工場群が見えます。

田んぼ

苅田港に隣接する、セメント工場です。

工場群

こちらは,JR日豊線の近くで。


電車

菖蒲の花の向こうに
サギが歩いている
青サギさんかな?

サギ

ふと立ち止まって何想う。

田んぼのサギ

ここにもいます。

ここにも

長閑な昼下がり
家に帰りつくと、どっと汗が滴り落ちる
コップ一杯の麦茶が美味しい。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

*CommentList

みなみの里のヤギさん

筑前町ファーマーズマーケット みなみの里
美味しい産直野菜や、お食事が頂ける農村レストランも有り
終日、賑わっています。
お蕎麦屋さんの帰り道、立ち寄りました。
店頭には、ブルーベリーの鉢が並んでいて
この時期、藍青色に変わりつつ
パカット、口を開けたような果実が可愛らしい。

ブルーベリー

施設全体で昭和30年代をイメージしているそうで
その一つ 井戸水のポンプが懐かしい。
押せば水が出て来ますよ。

ポンプ

お野菜を買いこんでと・・・
何処かで「メ~メ~」と声がする
ヤギさんがいる
囲いの中で管理された「みなみくん」と「さとこさん」
ヤギさんの健康管理の為、食べ物は与えないで下さいとあります
「よろしくメェ~」

健康管理

「こんにちわ」と柵の中から顔を出すヤギさん。

ヤギ

「好物の草を持ってるの?」
「食べたいメェ~」って?

ヤギ2

「添加物無しの草だから、美味しいメェ~」

ヤギ3

ヤギさんと振れ合える平和な時間
お腹も、景色も満たされますよ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

美味しい蕎麦やさん

外戸本「まるっと朝倉・うきは」で掲載の蕎麦屋さんへ
秋月 小石原川畔のお花畑から、秋月小学校を目指して行くと
その蕎麦屋さんは、すぐ其処に。

わざわざ行きたい旨いそばの店
蕎麦処 利休庵
お店の前に無造作に置かれた兜風な・・

兜

こちらは竈
外戸本には
民芸調の店内に並ぶ帯や骨董・・・
興味をそそられます。

竈

1999年のカレンダー。

利休庵

骨董や民具など所狭しと並んでいる。
かっては博多織の帯のデザインに携わったいたというご主人
機織り機も有りました。

利休庵2

手前の席は、お客さんが帰られた後で
私達は奥の席に座りました
お宝がいっぱい有りそうなので
席への移動もぶつからないように。

利休庵3

干支の瓦。

瓦

壺

ミニチュアの台所。

ミニチュア

ヒョイと。

骨董

棟方志功の版画

棟方志功

そばセットの「そばの実がゆ」
蕎麦の食感がやさしくて美味しい。

そばの実がゆ

温かい蕎麦
北海道の蕎麦粉を用いた十割そばを
古処山系の井戸水を使い鉄釜で湯がく
昆布と鰹ベースに地元の醤油で仕上げたお出しは香りよく
お蕎麦は、つるっと喉元を通り過ぎて行く。

十割そば

ざる蕎麦
絶妙の茹で加減
甲乙付け難い美味しさでした。
メニューは、そばセットのみ(1500円)

ご主人は気さくな方で色々お話しました
骨董や民芸品は自分で集めたり、友人が持って来てくれるそうで
珍しい物や懐かしい物と見ているだけでも面白いが
奥様からは、ガラクタと呼ばれるそうで笑っていた
朝6時に起きて麺を打ち
趣味はゴルフだとか
悠々自適な毎日を送っておられる。

ざる蕎麦

優しい笑顔のご主人
「お気をつけて」と見送ってくれました。

そば処

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

*CommentList

ご案内

プロフィール

doremiちゃん

Author:doremiちゃん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング