TOP筑豊 ≫ 田川伊田の街歩き

田川伊田の街歩き

田川伊田の町をブラブラ歩いて。
田川市のマンホールには、炭坑節のふる里として、二本煙突と香春岳。
市の花つつじがデザインされている。

マンホール

こちらは川渡神幸祭と炭鉱夫も描かれたアート。
製作は東鷹高校美術部。

アート

所々で見かけます。
祭りの終わった後、山車の飾り物は縁起物として、戸口に飾っているんですね。

縁起物

風治八幡宮。
450年以上続く、風治八幡宮川渡り神幸祭。
五穀豊穣・無病息災を祈る祭り。
毎年5月第3土・日 この神社を神輿が出発して、川渡り神事が勇壮に行われる。

風治八幡宮

風治八幡宮2

風治八幡宮の上り口には、その昔、神功皇后が立ち寄られて座ったという御腰掛石。
(石段を上がった所に)

神功皇后御腰石

今はゆったりと流れる彦山川。
ここで繰り広げられる、勇壮な川渡り神事。
その時の賑わいが蘇って来る。

彦山川

大バレンを立て、緋色の旗差物 鮮やかな幟を付けた11台の山車。
鉦太鼓を鳴らし、彦山川での水合戦は迫力満点です。
(2012年5月撮影)

川渡神幸祭

御神輿がお休みになる御旅所も今は静まりかえって。

御旅所

次回は石炭記念公園へ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

Comment

町ブラ・・・
編集
お祭りの時とは 打って変る静かに流れる川の姿、人気のない神社
とても懐かしく感じますよね。
来年に向けて静かに時を過ごしているのですね。
2017年06月19日(Mon) 09:36
Re: 町ブラ・・・
編集
炭坑節の故郷を気ままに散策。
こんな時代も有ったんだなと、思いを馳せ乍ら炭坑遺産を見て回りました。
男達の熱気が爆発する川渡神幸祭は、往時の活気を呼び戻すかのよう。
女子でも?血が騒ぎます(笑)
2017年06月19日(Mon) 15:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL