TOP鉄道 ≫ JRで行く一筆書きの旅②

JRで行く一筆書きの旅②

12:01= 博多発 福北ゆたか線「直方行き」は、平日にも関わらず満席だった。
4つ目の篠栗駅。

篠栗駅

単線です、ホームを出ると一本線に。

単線

トンネル

古い駅舎が見えました。

駅舎

城戸南蔵院駅。
釈迦涅槃像へは、徒歩3分。
世界一のブロンズ像はご利益のスポットだとか。

城戸南蔵院

桂川駅で降ります(改札は出ないで)
桂川と書いて、けいせんと読む。

桂川駅

長閑な風景を見ながら。
ホームのベンチに座って、お昼ご飯。
乗降客が少ないので、あまり気にせずに。

長閑な

折尾駅で買ってきた、かしわめし弁当を頂きます。
鶏そぼろ。錦糸卵。海苔シンプルだけど美味しいんです。

かしわめし弁当

桂川町には、日本一とされる王塚装飾古墳が、駅から徒歩5分で。

案内板

本来の目的は。
桂川駅で、お茶タイムを。
改札を出なくても入れる売店で。

売店

次回は、ここだけのお得セット。
大福・コーヒーセットを、ミスマッチな感じですが・・・・


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
おしゃれですねぇ。こんな旅もあるんですか?
娘さんだと気遣いなく楽しめますよね。駅のホームでの駅弁、カッコイ~よ。

娘の娘が大きくなったら私も楽しめるかな???
2017年05月26日(Fri) 09:56
鈍行列車も楽しい!
編集
時刻表を見ながら行程を組んで、途中下車無しの旅。
ローカル列車で巡るのも旅の楽しみですよね。
お金は余りかけなくても時間はたっぷり。
何時か、お孫さん達と行かれてみて下さい。
思い出作りに。
2017年05月26日(Fri) 16:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL