TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

東遊記のクライマックスは

弘法さんの名で親しまれる空海の寺、東寺(教王護国寺)へ。
京都駅に新幹線が滑り込む前に見える、東寺の五重塔は、京都に着いたんだなという実感が湧きます。

「湯葉に」のお店から歩いて10分。九条通りの陸橋から見た、五重塔。

東寺

南大門から入ります。

南大門

平成6年、世界遺産に登録された東寺。
現存する日本の古塔中最高の塔、実に美しい形をしていますね。

東寺3

講堂、金堂を見学します。
桃山時代の重要文化財を目の前で見られるって素晴らしい。
難しいことは分かりませんが。

鬼瓦

防火用水

五重塔と、樹齢120年を超える不二桜(八重紅枝垂桜)
これは、3月9日の写真で、まだ蕾でしたが。

東寺4

満開になれば、このように。ポスターから。
素晴らしいですね。

ポスター

東門から出ます。

東寺2

最後に訪れたのが西本願寺。
「ようこそ門前町 ご縁まちへ」という通りが有りました。

門前町

御影堂門。

御影堂門

我が家の宗派は、浄土真宗本願寺派。
今まで、お寺さんとは、ご縁が有りませんでしたが、夫の亡き後、お守りして下さるので、母娘でお参りして来ました。大きくて立派な寺院です。

西本願寺

桃山文化の国宝がズラリと立ち並び、見応え有りました。

西本願寺2

御影堂。

御影堂2

天井から提げられた巨大な、釣灯籠。

御影堂

樹齢約400年、天然記念物の大銀杏。
水吹き銀杏とも呼ばれているそうです。

大銀杏

様々な苦難を乗り越えて経典を手に入れる西遊記を、もじっての東遊記。
私達一行も、西本願寺で経本を買い求め、又西へ。九州へと帰りました。

夫が見守ってくれた母娘旅。素晴らしい思い出が出来て、まだまだ頑張れそうです。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト