TOP ≫ CATEGORY ≫ 久留米市
CATEGORY ≫ 久留米市
      

観梅と晩ごはん

久留米市にある、臨済宗妙心寺派の古刹「梅林寺」は梅の名所。
梅林寺外苑では、約30種500本の赤・白・ピンクの花が咲いていた。
訪れたのが1週間前、満開では有りませんでしたが、梅の香りが漂っていて、もう春なんですよね。

梅林寺

梅

梅2

梅3

梅4

二日市温泉街に戻って、今夜の夕食は古民家和風ダイニング「こまつ千寿」で。
築85年の古民家は落ち着いた雰囲気でした。
ストーブも温かい。

ストーブ

味彩コース。
お刺身のサラダ仕立て。

サラダ

篭に盛られた、ローストビーフ・煮物・蒸し物・・・


前菜

揚げ物とご飯。

揚げ物とご飯

デザート。
美味しく頂きました満腹です。

デザート

娘達はビール、私と姉はお茶で乾杯!
いつも一人の晩ごはんの姉の笑顔が絶えなかった。
楽しい時間が過ぎて行きました。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

でっかい木の根っこ!

ホテルで朝食後は、毎度の朝散歩。
久留米宗社 日吉神社へ。
夕べ飲み会した「焼鳥鉄砲」の向かい側です。

日吉神社

縁結び・子宝・安全守護の産霊宮。

日吉神社2

日吉神社3

神木夫婦銀杏は、樹齢350年以上、二本の銀杏が仲良く並んでいる。

銀杏

根っこも大きく伸びていますね。

根っこ

ひと際大きな木が。
神社の方に聞いてみると樹齢350年の楠との事で。
根っこが四畳半位の広さに張っているとか。
外からは見えないのでと、社務所にお邪魔して見せて頂きました。

クスノキ

堂々たる根っこです。
何でも蛇が棲みついているそうで。
落ち葉もすぐ、掃き集めないと蛇が出てくるんですって。
お話聞いただけで身震いが・・・

根っこ2

朝散歩が終わってチェックイン後は大川方面へ。
風浪宮。
約1800年前に創建された、神功皇后ゆかりの神社。

風浪神社

風浪神社2

風浪神社3

風浪神社4

天然記念物「白鷺の楠」
樹齢2000年の大楠は、大川市名木・古木百選に。
幹の大きさに圧倒されました。

白鷺の楠

狛犬

狛犬2

石造りの五重塔。
国指定重要文化財。

五重の塔

時計も石灯籠ですよ。

時計燈

次回は昇開橋へ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

北野天満宮おくんち

早朝、筑後川河畔へ、ウオーキングです。
河川敷では、中高年の野球チームが、グラウンドの準備をしていました。
駐車場から、チームカラーのユニフォームを着た人々が、続々と集まっている。
休日に運動をして楽しむ、健康的な朝の風景である。

①

澄んだ空気、緩やかに流れる川面を見ながら、小一時間のウオーキングは、気持ち良い。
適度に、お腹も空きました。
ホテルに戻って朝ご飯は、ルームサービスで、リッチな気分!
美味しく頂きました。

②

チェックアウト後、北野町へ。
セイタカアワダチソウや、コスモス、赤く熟れた柿、雑草を燃やす煙・・・
何処までも秋の景色が続いて、心がふんわり、癒されました。

10月の第3日曜日は、北野天満宮の秋の大祭「おくんち」でした。
1054年に創建された北野天満宮は、学問の神様 菅原道真公を祀られている。
京都北野天満宮の分霊が祀られているそうです。
境内には、約400年前に作られたという石造りの鳥居や、樹齢900年のご神木の大楠が聳えています。

北野天満宮。

③

ご神体の鏡を、御神輿に乗せ、下宮まで、約2キロを下って行く。

④

男の子は行司。朝お体を清め、抱きかかえられてから馬に乗るそうです。

⑤

行司が馬に跨っています。とても可愛らしい男の子でした。

⑥

河童の化身である風流(ふりゅう)師が、行列の先頭をつとめ、その後に稚児風流、大名行列を模した、奴隊、最後に御神輿が続く。

⑦

⑧

⑨

⑩

⑩2

奴隊は踊り(ふり)ながら進む。一ふりごとに大声を上げながら、子供達を驚かせる。
子供が泣くほど丈夫に育つという。
顔を見ただけで泣く子も居れば、何度驚かせても泣かない子が居て、周りには笑顔がいっぱい!

⑪

稚児風流。遊んでます。

⑫

御神輿の下を潜ると、1年間無病息災と言われ、私も潜り祈願しました。

⑬

個性的なヘァースタイル。

⑭

⑮

秋晴れの日曜日、おくんちは賑やかに華やかに、行列が進みました。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

焼き鳥屋で誕生会

西鉄久留米駅で、バスを降り、六ツ門商店街を歩きます。

西鉄久留米駅

マンホール

今夜の誕生会は、長女がお薦めの、とある焼き鳥やさんで。
2番街の路地裏、常連さんが多いので予約しておきました。

焼き鳥屋

24席の、こじんまりとした、お店は隠れ家ふう。
私達が一番乗りだったので、お客が来る前の店内を写させてもらいました。

店内

店内2

まもなく満席になりまして、常連さんで賑やかになりました。
奥のカウンターに、3人並び「ビール」「ビール」「烏龍茶」で、乾杯!
「お母さん誕生日おめでとう!」嬉しいですね。幾つになっても祝ってもらえるのは。

焼き鳥、串揚げ、串焼き、洋風メニューも有り、期待が膨らみます。

メニュー

最初に、オーダーしたのが、法蓮草のキッシュ。

キッシュ

豚バラ、牛タン、砂ずり、かしわ、アスパラのベーコン巻、鶏皮、どれも、絶妙の焼き加減で出てきました。

豚バラ

ししとう

私は飲めないので、ラグーパスタをチョイス(一人で完食ではありませんよ)

パスタ

おにぎりも、お味噌汁と一緒に。

おにぎり

「美味しいね」と、ビールのお代わりから、ワインへ。
ワインにピッタリの、レバーペースト。

レバーペースト

飲みながら、食べながら、語らいながら、満ち足りた時間を過ごし「余は満足じゃ」の心境でした。
9時を過ぎると、商店街の灯りが少しずつ消えて。
まだ開いていた、ケーキ屋さんに寄り、スーパーで、飲み物を仕入れ、ホテルまで歩いて戻ります。
うなぎの屋台とか、珍しいのが有るんですね。

うなぎ屋台

ホテルには宿泊者専用の大浴場「天然温泉」が有り。温泉で疲れを癒した後、お部屋で二次会です。
テレビで「阪神VS巨人」のクライマックスシリーズを見ながら、阪神の応援に熱がこもります。
第4戦は、8対4で阪神の日本シリーズ進出が決まり、「お父さんが喜んでいるよね」と皆で乾杯!
何と言っても、巨人に1勝も許さなかった事に意義が有ります。
ケーキとビールで喜びを分かち合いました。最高の一日でしたね。

阪神勝利

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

久留米 街ブラ

10月13日、又一つ年を重ねて。子供達から「お母さんの誕生会を久留米でしましょう」と声がかかりました。
生憎、台風19号が九州に接近していたので、1週間遅れの誕生会です。
秋晴れの2日間、思い出に残る旅が出来ました。
今夜のお泊りは「ホテル マリターレ創世」チャペルや披露宴会場を備えた、居心地の良いホテルでした。

マリターレ創世

ホテル西館と東館の間の庭園は木々に囲まれ、池には錦鯉が泳いで。
新婚カップルが、写真を撮るのに相応しい、佇まいでした。

庭園

マリターレ創世2

夕刻には、まだ時間が有るので、久留米街ブラです。
JR久留米駅へ。
駅前で目を引く、久留米の宝は。

ブリヂストン製タイヤの、モニュメント。
直径4m 重さ約5トン「世界最大級のタイヤ」
建設、鉱山車両用のタイヤです。

タイヤ

「からくり太鼓時計」からくり儀右衛門が考案、制作した作品。
定時になると、時計盤が回転して、儀右衛門が現れ、自身の作を身振り、手振りで説明する。

からくり時計

5時半です。時計盤が回転して、儀右衛門の作品の説明が始まりました。

からくり時計2

「とんこつラーメン発祥の地 久留米」
九州独特の白濁した、スープは、1937年、久留米市 明治通りの屋台「南京千両」で誕生した。
屋台のモニュメントが可愛らしい。

ラーメン屋台

ディスプレイボードには、坂本繁二郎の「放牧三馬」や青木繁の「海の幸」の絵が。お二人とも久留米の出身ですね。
こちらは「海の幸」

海の幸

JR久留米駅近く、梅林寺を訪ねました。
臨済宗 妙心寺派の古刹。
イチョウの色づき、し~んとした空気に包まれて。

梅林寺

莫妄想
あれこれ いらぬこと考えず 庭の草引け 床磨け
禅家の語=現在なすべきことを しっかりすること  

梅林寺2

本堂正面の浮彫の扉、彫刻が素晴らしい勅使門。

梅林寺4

石造りの手水。
梅林寺には、500本の梅や久留米ツツジも有って、花の見ごろにも訪れてみたいですね、

梅林寺3

梅林寺の裏口を出ると、目の前に筑後川が。
阿蘇山を水源として、東から西へ流れ、有明海に注ぐ筑後川。
河川敷は、ウオーキングには、もってこいの遊歩道ですね。

筑後川

自転車も良いですよ。

自転車

勿論、犬の散歩も。

子犬

そろそろ、夕陽が沈みかける頃に。
誕生会へ行かなくては。

夕陽

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。