TOP ≫ CATEGORY ≫ 福津市
CATEGORY ≫ 福津市
       次ページ ≫

海へと続く一本道

福津市 宮地嶽神社は開運 商売繁盛の神さまとして参拝客が多い。
嵐のCMで、一躍脚光を浴びた光の道
10月と2月の一定期間、鳥居から参道 海を繫ぐ一本道に夕陽が沈む。
一度は見たいものですが・・・
18日は見られるのではと、テレビで報じていましたが。
光の道は現れたのでしょうか。

5年前の6月、光の道じぁない海へと続く一本道を撮影しました。
宮地嶽神社、一の鳥居をくぐって境内へと続く石段を登ります。
31段・33段・15段と急な石段です。

宮地嶽神社

石段を登りきって振り返ると。

宮地嶽神社2

宮地嶽神社3

鳥居から参道 海を繫ぐ一本道。
この道が夕陽を受けて光の道となるのです。
実際には見ていないので残念ですが。
遠く相之島が霞んで見えます。

宮地嶽神社4

道は光っていなくても、まっすぐに伸びる道は良いですね。
元気を貰いました。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

ふくつの じかん

「ふくつの鯛茶づけ」小さな幟を、あちこちで見かけます。
5月14日~6月21日まで、福津市で「鯛茶づけフェア」が始まっていました。

19店が、それぞれ趣向をこらした「鯛茶づけ」
そんなお昼時「海しゃん」というお店に入りました。

海しゃん

ポスター

一日限定20食 鯛茶づけセット。
11時半開店と同時に、平日なのに次々と、お客さんが入って来て、すぐ限定数になりました。

鯛茶漬けセット

食べ方が書かれています。

食べ方

まずは、このままお茶をかけずに。ごま醤油に漬けた鯛が美味しい!

鯛茶漬け

今度はお茶づけ。ごまダレを足してお茶を注いで、これも美味しかったです。

鯛茶漬け2

ふくつの じかん。
宮地嶽神社へ。お参りです。

宮地嶽神社

参道の上から。海まで一直線に続く石段と道。

一直線に

これは何でしょうか?

注連縄

日本一の注連縄です。

注連縄2

江戸菖蒲。

菖蒲

民家村。10数日前だったので、まだ菖蒲の花は、あまり咲いていませんでした。
5月31日から、菖蒲祭り。100種、5万株の江戸菖蒲が咲き乱れるそうですよ。

民家村

ふくつの じかんが、ゆっくり流れて行きました。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。




日本一 低い山?

冒険家の三浦雄一郎さんが、世界の最高峰エベレスト登頂に成功!素晴らしいですね。
世界最高峰エベレストは、8,848m
日本の最高峰は、富士山 3,776m
ちなみに、日本一低い、自然の山は?
と言うのを、テレビで見ました。

徳島県にある、弁天山 6、08mだそうです。
鳥居をくぐって、山頂の祠まで、徒歩30秒。
この山での遭難者は、ゼロ。
6、08m これより下が無いから、上へ行くだけと、縁起が良い。
登頂証明書 100円。もう10万人の方が入手したとか。

以前、福津市に行った時のお話。
宮地嶽神社へ、お参りに行く途中、海が見たくて、津屋崎海岸へ。
この日は、PM2、5でしょうか、晴れなのに空は、スッキリしません。

津屋崎海岸

水上スキーしていました。気持ちよさそう!

水上スキー

ハマヒルガオも咲いています。

ハマヒルガオ

津屋崎漁港 お魚センター。残念!お休みでした。

漁港2

漁師さんが着るのでしょうか。風に揺れている、オーバーオールを撮ってみました。

漁港

津屋崎から渡へ。
標高114m 大峰山自然公園に上がってみます。

玄海国定公園

大峰山の山頂付近に、東郷神社が有ります。
日本海海戦で、ロシアの、バルチック艦隊を破り、講和のきっかけを作った、東郷平八郎を祀っています。


東郷神社

「宝物館開館中」と有りますが閉まっていました。
文字が右から書かれているのも、歴史を感じさせます。


右から

由来

御神水。

ご神水

拝殿。

拝殿

大峰山を下りて津屋崎へ戻ります。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

あんずの花が見頃でした

福岡県福津市勝浦の、あんずの里運動公園。
3月下旬から、4月上旬が、あんずの花の見頃と聞いて出かけました。

あんずの種類が書かれています。 
小笠原小杏、 甲州大実 、昭和、 東亜 、広島大実、 平和、 新潟大実、 餅杏 、山形3号、
 李小杏、アーリーオレンジ、 アレキサンダー 、ウイルソン 、ゴールドコット
14品種、約4,000本の、あんずを植えているとか。

あんず2

まだ蕾や満開の、あんずの花を見る事が出来ました。

あんず7

あんず3

ぶん、ぶん、ぶん蜂が飛ぶ♪ 蜜を吸っていますよ。

あんず

あんず8

あんず4

高い階段を登って行くと、玄界灘を一望。良い眺めです!

あんず5

あんず9

展望台に、後九条内大臣の歌碑が有りました。

歌碑

6月初旬、果実が熟すそうです。
春の陽気に誘われて、平日なのに沢山の方が、杏の花を愛でにきていました。

此方は行橋市今川。遊歩道脇の菜の花が綺麗でした。

今川

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

津屋崎人形

筑前津屋崎人形工房を覗いてみました。
230年以上の歴史が有る工房。

津屋崎人形店

二枚型の手押し製法で作られる、土人形は素朴で色鮮やか。

津屋崎人形

津屋崎人形2

津屋崎人形3

モマ笛

モマ笛。
津屋崎の方言で、フクロウの事をモマと言うそうです。
フクロウは先を見通す能力を持つ生き物とされて出来たのが、モマ笛。
お土産の一番人気で、一つ買って帰りました。


モマ笛2

「ホーホーホー」森の住人のような、低い音が、なんとも素朴です。

工房では、干支人形、ひな人形、招き猫、等々見ているだけで懐かしさが甦ります。