TOP ≫ CATEGORY ≫ 太宰府
CATEGORY ≫ 太宰府
       次ページ ≫

飛梅と巨大絵馬奉納

二日市温泉、旅の続きは太宰府天満宮へ参拝から(2月13日)
午前9時半、参道には中国からの観光客が大勢来ていた。
手前から、過去・現在・未来へと続く太鼓橋を渡って天満宮へ。

太鼓橋

心字池と太鼓橋。

梅の花

御本殿。

太宰府天満宮

飛梅が満開でした(2月13日)

飛梅

太宰府天満宮幼稚園の子供達も、お参りに来て小さな手を合わせていました。

幼稚園児

御本殿でお参りするのですが、テレビ局のカメラマンが並んでいる。
何か有るのかな?
午前10時、楼門から現れたのは。
神官さんと日本航空支店のスタッフ。
巨大絵馬の登場です。

絵馬奉納

絵馬奉納2

福岡空港に設置していた、合格祈願などの願い札と特大絵馬の奉納式です。

絵馬奉納3

巫女さん

これは良い時に出会えました。
とてもラッキーな気分で縁起物を授かったみたいです。

御神牛。
境内には12頭の牛像があり。
頭を撫でると、知恵が授かるという事で、この御神牛は光輝いている。
御神牛を撫でようと長蛇の列が出来ていた。

御神牛

牛

鷽の像と麒麟像
「鷽」とは嘘や罪穢れを、誠に替え幸せを運んでくれるという、天神さまの守り鳥。

鷽

太宰府天満宮と言えば梅ヶ枝餅。
焼き立てを頂きました。
皮はパリッと、あんこはアツアツ!
美味しかった。

梅ヶ枝餅

梅の香りがいっぱいの天満宮。
今日も多くの観光客で賑わっていました。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

太宰府天満宮近く、ランチのお店

太宰府天満宮、ここからお参りです。
雨の中、今日も中国からの観光客が来ていました。

太宰府天満宮

太宰府天満宮のシンボル、御神牛は紅白の、ねじり鉢巻きをしています。
頭を撫ぜれば知恵が付く。体を撫ぜると、身体健全、病気全快とか。
撫ぜられすぎて、あらゆる所が、ピッカピカじゃ有りませんか。

御神牛

参道を西鉄太宰府駅方面へ歩きます。
25日だったら、草餅の梅ヶ枝餅を買えたのですが・・・
29日で残念でした。

太宰府館の方へ右折して、ランチのお店へ行きます。

太宰府天満宮2

太宰府バーガー、結構お客さんが並んでいる。

バーガーショップ

今日のランチは、「古紺」で。
入り口は細い路地を入って、すぐ突当りです。

古紺

手作りの小物が飾られている、ミニギャラリー。

古紺4

古紺3

古紺2

和定食。

ランチ

ランチ2

ランチ3

どの、カップにする?とりあえず写真を撮って。

コーヒー

11時半頃、お店に入った時は、御亭主がお出迎えして下さって。先客が二組で。
「お稽古ごとの先生ですか?」とか「どちらから来られましたか?」等、会話も弾んで、余裕でしたが。
私達の、お料理が運ばれて来る頃には、ランチのお客さんが、次々入って来られて・・・
御亭主は、てんやわんや・・・ランチ終了の看板も出て。

後から来られた横の席の方、まだ大分待たないと、ランチを食べられない。
「コンサート間に合うかしら?」と言っていましたが・・・

お先に失礼して、バス集合場所へ向かいます。
続いて、大牟田市の世界遺産登録 炭鉱施設跡へ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

楼門に飛龍天神ねぶた飾り

枯山水の光明禅寺。すぐ側に浮殿がありました。
秋の神幸式の御旅所、行宮で御神輿が休まれる所だそうです。

浮殿

少し近辺を散策します。以前お食事をした事が有る、豆腐料理の自然庵の通り。
この右側のお宅には、珍しい花が色々咲いていましたよ。

自然庵

鮮やかな色の、むらさきしきぶ。

むらさきしきぶ

しろしきぶも。

しろしきぶ

心字池に架かる、太鼓橋、平橋、太鼓橋の三橋を渡って、天満宮本殿へ。
檜皮葺の楼門に、美しい飾りが付いていました。

飛龍天神ねぶた。10月1日から31日まで、特別受験合格祈願大祭。
この期間、天神さまにあやかり、試験や難問突破、開運、出世の門として、飾られています。

ねぶた飛龍天神
飛龍天神ねぶた


太宰府天満宮本殿では、七五三の子供達の御祈願が行われていました。

太宰府天満宮

台北故宮博物院展を見終えて天満宮参道へ出たのは、午後5時。
巫女さんが足早に歩いて行くのが見えました。お勤めが終わったのでしょうね。

巫女さん

参道も店じまいを始め、ご覧のとおり、ひっそりと。

ひっそり

其の中で、客足の絶えないお店が、スターバックス。
木組み構造の天井、壁。自然素材による伝統と現在の融合。
天満宮参道に一見、不釣合いとも思えますが、なんだかしっくり落ち着いてみえました。

スターバックス

歩き疲れたので、コーヒータイム。店内は若い子ばっかりで。
おばさん二人、カプチーノを注文しました。
あら、女同士なのに、ハートが付いているじゃ有りませんか。(*^_^*)
いいね!

カプチーノ

西鉄大牟田線、太宰府駅で、面白い看板。
かめライダー「君のいいキャラは、きっといい、ギャラになる」
私もなれるかな?

カメライダー

ソラリアプラザで、晩ごはん食べて帰りました。
鯛めしセット。揚げ出し豆腐、小鉢、香の物、お味噌汁。
美味しく頂きました。美術の秋、食欲の秋を満喫した一日でした。

夕食


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。





枯山水が美しい光明禅寺

台北故宮博物院 神品至宝展を見る前の時間に巻戻して・・・
西鉄大牟田線。天神駅から太宰府天満宮へ直行便が有って便利ですね。
しかし太宰府観光列車「旅人」には乗れず、途中すれ違い、残念!
「旅人」の車両には、天満宮、御神牛、太鼓橋など、大宰府の名所がラッピングされていました。

お昼は太宰府天満宮参道にある「やす武」で。
娘から、食事に迷った時の保険にと、教えて貰ったのが、そば処「やす武」
迷わず保険を使いました。

やす武

そば打ち処。

やす武2

娘のお気に入りは、おかめそば。もちろん注文しました。
お蕎麦も、つゆも美味しかったです。

おかめそば

娘のお勧めは、食後のデザートに、焼き立ての梅ヶ枝餅を食べる。
食べましたよ別腹で。

梅ヶ枝餅

天満宮参道の突きあたりを右へ曲がると、光明禅寺が有ります。

光明禅寺

光明禅寺3

光明禅寺2

臨済宗東福寺派に属する光明禅寺。
鎌倉中期に創建された天満宮の結縁寺。
前庭は7,5,3の15石を配して「光」の字を表した、九州唯一の石庭「仏光石庭」

石庭2

石庭

裏庭は、青い苔で大陸と島、白砂で水と大海を表現した枯山水「一滴海の庭」

枯山水

枯山水2

枯山水3

この、お縁に座り無我の境地に・・・良い句が浮かばないですね。

お縁


見事な庭園でした。晩秋の頃、楓の紅葉や落ち葉の散り敷いた、お庭の彩りは必見ですね。
しばし心を無にして一休み。見上げれば船底天井が。

光明禅寺4

光明禅寺4

太宰府市指定景観重要建造物「光明寺土塀」

プレート

次回も近辺を散策します。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

絣のお店で

「もめんや 乃芙子の部屋」
太宰府天満宮の門前町に、そのお店が有ります。
久留米絣のお洒落な服、手提げ、小物類が目を引きます。

絣のお店

お洋服は見て楽しみました。絣の手触り、風合いが良いですね。
イギリスの、サッチャー元首相も久留米絣の、ベストを着用されているそうです。

サッチャー元首相

絣とは「素朴な中に強きあり、すべてを受け入れ喧嘩せず、かすりは常に主役である」成程と頷けました。

絣とは

お値段はそれなりに・・・おいそれと手は出ませんが、お財布と相談して買える物が有りました。
テーブルセンターです。一目見て、気に入ってしまいました。
横1m、縦35㎝ タペストリーにも出来ます。

テーブルセンター

オーナーさんが「絣はこういう風に織りますよ」と、ミニチュアの織機を見せて下さいました。

織機

久留米絣と言えば、思い出すのが、井上伝と言う人物。
小学校時代に聞いた名前を今でも覚えています。
江戸時代の終わり頃、久留米に生まれた、井上伝女が発明した織物。
綿糸を絣染めにした物で、伊予絣、備後絣と共に、日本3大絣の一つ。
庶民の日常着から、今ではモダンな作品が続々誕生。
藍染の絣が良い味を出していました。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。