ぼちぼちいきましょう

福岡、熊本、大分を中心とした、名所や季節の風景の写真を紹介しています。福岡県在住の“アラ古希”の女性です。

Category [朝倉・うきは ] 記事一覧

三連水車の里は元気に

日産エルダークラブのバスハイク最後に訪れたのが「三連水車の里あさくら」日田市豆田町から386号線を久留米方面へ杷木の町へ入ると右手の山肌に細長く走る亀裂が目に入りました昨年7月の豪雨災害の爪痕なのです所々に、瓦礫や流れて来た木材が山積みにされている土砂に埋もれた家屋も・・・・・皆さん唖然とした面持ちで言葉が出ない実際に見る被害の怖さは他人事ではありません「三連水車の里あさくら」も被害に会っていたのです...

甘木の須賀神社参拝

朝倉市甘木 須賀神社へ大きな楠が聳え立ち、少し遠くからでも見てとれます元々は、お寺で牛頭天王を祀る、大雄山祇園寺という臨済宗の寺院だったとか両脇に楠を従わせてた須賀神社本殿は県指定有形文化財三間社流破風造り 檜皮葦神聖な気持ちで参拝しました県天然記念物の大楠超デカイ!大きくて、レンズに収まらないしかも逆光ですが大きなパワーを貰ったような祇園社の大楠樹幹は中空ですが樹勢は旺盛で、分枝部分には、ムクノ...

古い道具と当時の暮らし

甘木歴史資料館 常設展示室を見学しました昔の農機具や、身近な祭りの中に人々の生活が見えてくる昭和の世界へタイムスリップです手押し式消防ポンプ明治から昭和(中期)頃まで使用されていたそうです獅子舞ちょっと強面です獅子頭わらみこし何とも長閑な祭り皆おおらかに生活をしていたのでしょうね今の世の中は便利になり過ぎていてもっと大事な物を失っていくような気がします甘木地方の郷土玩具「バタバタ」両脇にぶら下がっ...

手仕事に見る絞り染め

甘木歴史資料館、お庭をぐるっと歩いているとなまこ壁が、しっくりと似合って趣がありますよね赤いポスト郵便差出函1号近頃あまり見なくなりましたね玄関横のレリーフには、久留米市出身の緒方春朔 種痘を一般人にも分かりやすく和文にて説明した「種痘必順辧」蘭医学を修めた、と書かれていました甘木絞り保存会の作品展を覗いてみました(2月18日)朝倉市(旧甘木市)にあった絞り染め江戸時代末期から昭和初期にかけて盛んだ...

ツクツクホーシも鳴きだした

昨日、我が家の庭で、ツクツクホーシの初鳴きを聞きました。ジージー ツクツク ツクツク 「ツクツクホーシ♪ ツクツクホーシ♪・・・」を繰り返し乍ら、最後に「モーイイヨ」と言っているような、いないような。立秋が過ぎて、少し暑さが和らいだとも思えず・・・時を間違えた?アザレアの花が一輪咲いていました。去年は1個も成らなかったレモンの木。一昨年は10数個実を付けていたのだが。今年は何個、成っているのか。下の...

ご案内

プロフィール

doremiちゃん

Author:doremiちゃん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング