TOP ≫ CATEGORY ≫ 工場見学
CATEGORY ≫ 工場見学
      

製塩工場でランチを

苅田町公民館講座。
続いて、門司区白野江の製塩工場見学です。

ヤロン株式会社白野江製塩工場 シートレビアン。

シートレビアン

先ずは、お昼ご飯から。
バーベキューハウスへ。

シートレビアン2

焼肉、カニ、エビ、サザエ豪華ですね。
私達は、その前を素通りして・・・

バーベキューハウス

料理バイキング食べ放題。
エビ、カニは有りませんよ。

バイキング

お腹いっぱい食べました。

ランチ

♪コッ、コッ、コッ♪♪♪
外の出ると、鶏の元気な鳴き声が聞こえます。
烏骨鶏だ。

烏骨鶏

黒いのも居る。
外来種の烏骨鶏だそうです。

白・黒烏骨鶏

周防灘を見ながら、ミネラル足湯も。

足湯

梅花石の水は、地下1,200mまで、ボーリングして海水を汲み上げる。
水と塩の製造工程を見学です。
深海水、関門の塩、化粧用品も販売していました。

塩づくり

さざえ

ここから、30分も走れば、門司港レトロ地区。
続きは次回へ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

シャボン玉石けん工場見学してきました

北九州市若松区二島、筑豊線の線路を渡ると、シャボン玉石けん工場が目の前に。

1

昔ながらの無添加せっけんは、清潔な工場で作られていました。
牛脂、パーム油、パーム核油、米ぬか油、オリーブオイル、アボカドオイル等の天然油脂で、石けんのもとを作る。
固形石けん、粉石けん、液体石けんは、完成まで1週間、お肌にも環境にも優しい、シャボン玉石けん。
この工程を見学しました。

2

「石けんのもと」から、固形石けんを。

3

成形された、シャボン玉石けんが、コンベアーに乗って流れて行きます。

コンベアー

手前の長くて白い物は、成形される前の石けんバー。触らせてもらいました。
少し温かくて、柔らかい!簡単にひねり曲げたり出来るのです。

5

各業者さんから依頼された、社名入りオリジナル石けんの、パッケージ。

7

図に示しているのは、「石けんのもと」を作る工程。

9

50トンの、石けん釜。
仕上がりを確かめるため、仕上げの際は舌で舐めて確認。
それほど安全な原料を使っているという事なんですね。

10

会議室で、石けんと合成洗剤の違いについて学びました。
合成活性剤を主成分として作られた合成洗剤、何気に使っていましたが、体内、自然環境をも、汚してしまう恐れもあるとか。
お話を聞いて考えさせられました。人に優しい物は、自然にも優しいという事を。

1975年生まれの、石けん像シャボンちゃん。

12

若松みなと祭り「五平太ばやし」に参加したそうです。

13

この五平太舟で練り歩いた。

14

工場見学記念に頂きました。

15

若戸大橋から見た、洞海湾と新日鐵住金八幡製鐵所、戸畑地区。

16

工場見学って面白い。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

工場見学に行ってきました

苅田町レディースカフェ、館外研修、今回は鳥栖市の、久光製薬株式会社と、キユーピー鳥栖工場見学です。
マンデーサロンの方々と一緒で、バスは満席。
少し怪しげなお天気でしたが、かんだ号のバスは、8時40分出発して、10時には久光製薬に到着です。

サロンパス

久光製薬株式会社。サロンパスの工場です。創業 弘化4年(1847年)ですから、今年で167年。
近辺の電信柱には、青地に白で、サロンパスと告示されていて、この街のシンボル的な工場でしょうか。
工場の敷地に入ると、其処はサロンパスの匂いがいっぱいです。

見学通路を歩き、工場内休憩室にて、製造過程や商品知識など、ビデオ鑑賞と共に学びます。
鳥栖工場では、病院、医療現場で処方される「モーラステープ」と、薬局、薬店、ドラッグストアで買える、一般用医療品「サロンパス」の製造設備が稼働していました。

学ぶ

久光製薬の資料と、お土産の、コエンザイムQ10、サロンシップです。

おみやげと資料

製造過程を見ます。
モーラステープ、布に薬剤を付けるのではなく、透明の薄いシートに薬剤を付けて、それを合わせる事によって、製品になるとか。
サロンパスの製造過程も、製品が箱詰めされるまで興味深く見ました。
工場敷地内には、元会長のお宅「迎賓館」が、外側から少しだけ見たところです。

迎賓館

なまこ壁に、ツワブキの花が、ひっそりと咲いて。

ツワブキの花

ツワブキ

続いて、キユーピーマヨネーズ工場へ。
その前に、鳥栖駅周辺でお昼ご飯を。
サロンパスの案内係の、お姉さんに教えて貰ったお店を探します。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。








村岡屋お菓子工場見学

長崎、佐賀シュガーロードを巡るバスツァー。
羊羹、さが錦、丸ぼうろで、お馴染の村岡屋の工場見学です。

村岡屋


工場へ入ると甘い香りがします。

銘菓「さが錦」の仕上げ室。
台の上に、大きな生地が乗っています。

村岡屋2

生地は、カットされて、ラインの上を流れて行きます。

村岡屋3

今日は、焼き立て「丸ぼうろ」の試食です。
型抜きした生地を、3分間オーブンで焼きます。

丸ぼーろ

丸ぼーろ2

丸ぼーろ3

焼き立ての、丸ボーロを食べたのは初めて。甘い香りとふわふわの食感!
美味しかったですよ。

丸ぼーろ4

お土産に村岡屋の羊羹を買って見学終了。
工場スタッフの方が、お見送りです。

村岡屋4

シュガーロードの、おやつ色々。
焼き立て丸ボーロ、一口香、よりより、びわゼリー、カステラの試食。
甘い物食べ過ぎです。体重計が恐い、ツァーでした。

おやつ

佐賀大塚製薬見学と九年庵

苅田町の公民館講座「レディースカフェ」
女性であれば、オールドレディも入れる女性を磨く?為の講座です。

今日は、楽しい館外研修。紅葉の九年庵です。
最初に、大塚製薬佐賀工場へ。

ポカリスエットやカロリーメイト、医薬品を作っているそうです。
ジャバティを飲んでいる、オランウータンの「モーリ」と「ウー太」が
お出迎えです。

マスコット

パンフレット


緑に囲まれた、福岡ドーム2個分の敷地の中に佐賀工場が有りました。
若い男性の方が、製品について丁寧に説明をされます。
聞く方も、力が入ります???

「ポカリスエットができるまで」「カロリーメイトができるまで」一連の流れを
ビデオで見ました。凄い!面白い!早い!!!

カロリーメイトの、ラインを見ました。働いているのは、7人が交代で。
混合から成型へと流れて行きます。その後の工程は私達の時間の関係で見る事が出来ません。
衛生チェックが、きちんとされているので安心、安全な栄養調整食品に納得でした。

見学者には、ポカリスエットの粉末と、カロリーメイトのお土産が貰えます。

大塚製薬

お昼は、神埼市の「味膳 古雅味」で、華揚げ膳を頂きました。

古雅味

女性って、この一時が一番幸せなんですよね。
お喋りしながら、家の事も忘れて 美味しい~。

食事

食事2

お店に掛けられていた、あいだみつをの詩。

あいだみつお


「古雅味」の横を流れる、田手川にかかる広円橋に
一里塚と書かれていました。

橋

長崎街道 神埼宿入り口手前に「ひのはしら一里塚」が有るそうです。
長崎街道の一里塚で、たった1カ所現存している貴重なものだそうです。


一里塚

お腹も一杯になって、バスに乗りこみます。
さあ、紅葉の九年庵へ。