TOP ≫ CATEGORY ≫ 駅
CATEGORY ≫ 駅
       次ページ ≫

ノスタルジックな採銅所駅

「JRで行く一筆書きの旅」の中で、車窓から撮った採銅所駅。
ブログを見た友人のYさんが、行ってみたいとの事で。
ローカル列車で行くのんびり旅、出発です。

西小倉駅で、Yさんと合流。
日田彦山線の車窓の風景は、水をいっぱい張った田んぼや紫陽花、たわわに成った枇杷の実・・・
列車はガタゴト・ガタゴト単調なリズムを奏でて。
話に夢中になり乗り過ごすとこだった。
40分位で、採銅所駅に到着。
一旦下車して、駅舎内を見学します。

駅

単線なので、駅で離合待ち。

日田彦山線

列車

採銅所駅。
駅舎は大正4年に建築された、小倉鉄道開始時の中で現存する唯一の建物。
寄棟造りの近代建築駅舎は大正モダンを感じさせる。

採銅所駅

採銅所駅2

採銅所駅は無人駅ではあるが。
このほど「採銅所駅舎内第二待合室」として使用できるようになり。
大正時代と現代が融合した移住と交流の窓口として。
地域おこし協力隊員の方々が、空き家物件・移住などについて活動されている。

待合室2

待合室3

待合室は、ステキな空間に生まれ変わったが、唯一、中央の板壁が昔の駅舎の一部として残されている。

名残り

待合室

灯り

廃止された線路跡。

廃線跡

駅舎

駅周辺は、お花がいっぱい咲いている。
地域の方々が、植えられているそうです。
又、桜の咲く頃の駅舎も良いでしょうね。

お花がいっぱい

鮮やか

協力隊員の方から貴重なお話を聞き・・・
長閑な田舎の風景の中に佇む駅舎にほっこりとした時間を過ごし・・・
次の列車で、田川伊田へ向かいます。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。


スポンサーサイト

日豊線の小さな駅

JR九州日豊本線 小倉から、14番目の駅「豊前松江駅」
1897年開業、松江駅として豊州鉄道が開設。
1945年、松江駅は、山陰本線松江駅と、識別目的で「豊前松江駅」と駅名を改称。
「豊前松江駅」は、ぶぜんしょうえ駅と読みます。

後に、九州鉄道~九州旅客鉄道(JR九州)へと。
1932年完成した木造駅舎 豊前松江駅。
郷愁を誘う駅ですね。

豊前松江駅

豊前松江駅3

クスノキ製の駅名板。
2003年 地元出身の書家が揮毫されたという事ですが。
それ以上の歴史を感じます。

木の駅名

改札口。

改札口

下り電車が停まっています。

豊前松江駅2

駅舎に掲げている、日豊本線鉄道唱歌。
一番から九番まで。その六番目に。

♪豊州線に乗り換えて
 行くや行橋 新田原
 椎田 松江 浜づたい
 左に望むは周防灘♪

日豊本線豊前松江駅 開業百周年記念・・・平成9年と書かれています。

鉄道唱歌

日豊線に沿って、しばらく走ると行きつけのパン屋さん「パンヤヨナガ」へ。
特急ソニックが走っている。

ソニック

10月は、ハロウイン。
大きな南瓜が、ころがっていますよ。

ハロウィン南瓜

小さな駅舎 豊前松江駅は、心の故郷みたいな、ほっこりする駅でした。


↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

JR香椎駅に降りたって

夕べ出先から戻る車窓で、大きなお月さまを見ました。
まあるい、まあるい、まん丸い。
中秋の名月だったのですね。なんだか幸せな気分になりました。
28日は、スーパームーン。
世の中に月みる月は多けれど、月みる月はこの月の月(小倉百人一首から)

先日、義兄の法要で、香椎へ電車で出かけました。
JR鹿児島本線と香椎線、2路線が乗り入れている香椎駅(1890年開業)
仲哀天皇と神巧皇后を祀る、香椎宮参拝は、当駅で電車を降りて。

香椎駅

前面が青色、側面が白色の、アクアライナー色は、キハ47型の香椎線。
海の中道へも行かれます。

香椎駅2

香椎駅3

2路線は跨線橋を渡って。

香椎駅4

香椎駅5

電車で来たのは、何十年振りかしら。改札を出ると、香椎駅は駅ビルの中。
1996年に、この三代目駅が開業したそうです。
平屋建ての古風な駅を、記憶の底から呼び起こします。

香椎駅6

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

ノスタルジックなJR彦山駅

新しいデジカメを持って、紅葉を撮りに出かけた。
英彦山温泉しゃくなげ荘、近くにちょっとした紅葉のスポットが有って。
行く先を決め助手席に乗り込む。
田川香春町のイチョウ並木、黄葉も色濃くなりつつ、緑葉も所々にある。

道の駅「おおとう桜街道」「歓遊舎ひこさん」共に駐車場は満車、場外で車が並んで待っている。
紅葉シーズンですね。
干し草を燃やしている煙、セイタカアワダチソウ、白やピンクのコスモス、
あんな所に鈴なりの柿が成っている。誰も取らないでしょうね。
秋の風景の一部になっている。

ハッとするような、真っ黄色のイチョウが目に飛び込んできた。
走行中の車から、撮るの難しいよ。

イチョウ

JR彦山駅に行ってみました。

彦山駅

彦山駅の歴史を見ると。
1942年8月、田川線の終着駅として開設。
1945年、二又トンネル爆発事故。
1956年日田彦山線 全通。
2004年7月、無人駅にとあります。

改札口。

改札口

切符回収箱。

運賃箱

列車に乗る人も乗らない人も、ホームに出る事が出来ます。
上り列車が停車中です。

上り列車

下り列車が入って来ました。

下り列車

日田彦山線は単線なので、駅で離合します。
列車は気動車「キハ 147」

すれ違う


すれ違う2

下り列車

彦山駅前、食堂もひっそりと。

商店駅前

次回は、英彦山麓の大鳥居をくぐって紅葉のスポットへ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

JR門司港駅、2日間のシャッターチャンス

毎日新聞の地方版に、
「修復工事中の国の重要文化財、JR門司港駅(北九州市)が
12月1、2日、柵の一時的撤去により姿を現す。
現駅舎の全景を写せる最後のシャッターチャンスとなる」と出ていました。

白野江植物公園からの帰り道、太刀浦コンテナターミナルを、ぐるっと回って、
門司港レトロ地区、JR門司港駅へ。

新聞から

JR門司港駅は、平成24年9月末~平成30年3月末予定で、大規模駅舎保存修理工事中。
2日間だけ、柵を一時的撤去。貴重なチャンスです。

門司港駅

門司港駅3

塗装も剥げ落ち、趣の有る、門司港駅。

門司港駅2

駅舎の中、切符売り場には、ネットが貼られています。

門司港駅4

門司港駅5


門司港駅から、ブルーウイングを渡って行こうと思っていたら、
橋が上がっているではありませんか。
暫く橋が降りるのを待ちます。

中間に、関門橋が見えます。

はね橋

バナナの叩き売りをしています。
10数本の、バナナが、400円。
お友達は、粘って、300円でお買い上げ。
この、お二人さんは、粘りが足りなかったようで、400円でお買い上げでした。

バナナの叩き売り

門司港駅が蘇るまで、あと6年。楽しみである。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。