ぼちぼちいきましょう

福岡、熊本、大分を中心とした、名所や季節の風景の写真を紹介しています。福岡県在住の“アラ古希”の女性です。

Category [臼杵 ] 記事一覧

臼杵石仏巡り

「ゆたかに生きる知恵工房」は、フンドーキン醤油工場見学を終え、臼杵石仏巡りへ。途中、田んぼの中に、案山子が見えた、ちょっと遠くて見え辛いですが・・・20体位、居たかしら。平安時代後期から、鎌倉時代にかけて彫られたと言われる、臼杵の磨崖仏。石仏の数 60余体。うち59体が国宝となっている。苅田町のバス「かんだ号」が、臼杵石仏に到着しました。石仏見学の前に、石仏観光センター「郷膳うさ味」で、お昼ご飯です。臼...

大分へ、工場見学してきました

苅田町の公民館講座「ゆたかに生きる知恵工房 」今回は、臼杵石仏巡りと、フンドーキン醤油工場見学です。西日本隋一の醸造の町、大分県臼杵で味噌、醤油、ドレッシング、ポン酢などが、各工場で生産されている。其の中の、大分醤油協同組合を見学しました。麹室見学棟へ、麹は30℃で、50時間寝かせる。浄化装置。世界一の大きさ、木造醸造樽。高さ9m 直径9m 容量540kl。カナダ産の樹齢400年以上の、ヒバ材を使用.釘を一...

臼杵から大分へ

国宝 臼杵石仏へ。国道502号線を臼杵石仏方面へ曲がると、すぐ「深田の鳥居」が有ります。黄金色の田んぼの中に、で~んと構えていました。臼杵石仏。凝灰岩の岸壁に刻まれた、60余体の磨崖仏を拝顔します。古園石仏 中尊の大日如来像。修復前の、落ちた仏頭も、見に行きました。今回4度目。切れ長の目に引き締まった口元に気品を感じ、優しい気持ちになります。柿の実も赤く色付いています。二王座歴史の道。真光寺は自由に見学...

臼杵と言えば

臼杵川に架かる赤い住吉橋。右へ進むと対岸に、フンドーキン醤油の工場が見えます。2007年のTVコマーシャルで、唐十郎さんの「時の詩人」臼杵の町を軽妙に歩いてと、云うのを思い出しました。分銅に金の、マークの工場が歴史を感じます。大きな大きなお腹の布袋様の鏝絵。思わず此方も微笑んでしまいます。臼杵と言えば、臼杵石仏。その一つの、古園石仏。大日如来像。慈愛に満ちたお顔ですね。稲刈りの終わった田んぼ。稲藁が三角...

臼杵みてある記

久し振りに臼杵へ出かけました。お天気も良く暖かな日和です。別府湾SAで。豊の国の鬼のモニュメントは、テーブル5点セットに?「国東半島に伝わる鬼達は、この世に幸せをもたらす神の化身とされています」と、書かれていました。臼杵の町を散策です。さすがに、フグ料理のお店が、いっぱいですね。フグひれを干していました。此方は、サザエの塔です。お昼前だというのに、もう「本日の営業は終了しました」と高木プーさん似の親...

ご案内

プロフィール

doremiちゃん

Author:doremiちゃん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング