TOP ≫ CATEGORY ≫ 春
CATEGORY ≫ 春
      

つくしが取り持つ一期一会

庭の紅梅、八重椿の花も終わり、ヒヨもメジロも山へ帰って行った。
そう言えば、ゴミ出し日にカラスが、いっぱい来て、生ごみを漁り、散らかしていたが・・・
そのカラスも見かけなくなった。山へ帰ったかな?
油断は禁物です。ごみ袋はしっかり、縛って出さなければ。

きょうは、二重丸のお天気。
JA直売所やスーパーへ、お買い物に出かけました。
久し振りに会った知人との立ち話も、何だか嬉しい。

帰り道、日豊線の線路下で、何かを摘んでいる方がいた。
「つくしを摘んでいますよ」と教えて下さった。
矢印の先の細いのです。

つくし1

スマホで引きのばして・・・

つくし2

私「初物ですね。写真を撮らせて貰えませんか?」
「どうぞ撮って下さい」と。
写真写りの良いようにねと、つくしを揃えて下さった。

つくし3

「こんなので、どうかしら?」と、つくしのポーズを取ってくれて。
「旬の物だから、一度は食べたいですよね」
今夜は、つくしのお浸しが食卓に、春の彩りを添えることでしょう。

つくし4

「又何処かで会えると良いですね」と、一期一会の出会いに、足取りも軽く家路に着いた。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。



スポンサーサイト

あれから5年

2011年3月11日。
午後、「大塚国際美術館」ツァーへ、同行する姉を迎えに行きました。
姉が、東北地方で地震が有り、大津波警報も出ているよと言う・・・
テレビ画面では、大波が押し寄せ、みるみる家も畑も車も飲み込まれてゆく。
俄かに信じられない光景に息を飲む。

この状況下でも、ツァーは催行されるという事で出かけました。
夜、新門司港から、フェリーで六甲アイランド港へ。
船内ロビーの、テレビでは、津波の情報が刻々と伝えられていく。

あれから5年。
多くの犠牲者が出て、少しづつ復興はしているけど・・・

何時ものように歩いていて、地震が起こり津波で大波が押し寄せたら・・・
はたして自分は、何が出来るだろう・・・
被災地の皆さんも、咄嗟になす術も、無かった事と思います・・・

今日も青空の下、水仙が春の陽射しの中、優しい香りを届けていた。

水仙

花2

花

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

春の海・浜の宮海岸

「しいだ梅まつり」は終わりましたが、先日出かけた時の続きを。
筑豊県立自然公園(椎田海岸)
何だか歴史の有りそうな看板が建って居ます。

看板

綱敷天満宮の前は周防灘、穏やかな海が広がっている。
この日は、お天気も良くて、浜辺での~んびり春の海を楽しんでいる方も多かった。

浜の宮

汀線1㎞ 砂丘幅500m 遠浅の海岸は、アサリの潮干狩り場としても知られている。

浜の宮2

浜の宮1

浜の宮4

振り返れば、綱敷天満宮。
聳える松は、自然百景の黒松林、樹齢300年を超えるそうである。

神社

神社2

今日は3月9日。
色々な記念日が有りますが。
*感謝の日* サン(3)キュー(9)
何時も、この気持ちを忘れないように、日々過ごしたいと思います。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

雨の朝

昨日、屋根に届きそうな、金木犀の枝を剪定しました。
(今が剪定時では無いかもと思いながら)
高い所は小さな脚立に乗って。でも届かない所は危ないので無視です。
時期になると、夫がきれいに剪定していましたが・・・・・
家の事は何でも自分でやらなきゃ。なんですよね。

ごみ袋4個分、思い切りよく切りました。
午後から雨が降り出し、午前中に片付けて良かったなと、ホッと一安心。

今朝、雨戸を開けると。
庭に、芸術作品が?雨の滴を、スパンコールのようにキラキラ付けて。

模様

模様2

蜘蛛の糸。綺麗な模様を作るものですね。製作時間は如何ほど?
暫くこの、芸術家の作品を見入ってしまいました。

蜘蛛の糸

滴

滴2

滴3

桜も終わり、目に青葉の季節。日本の四季って良いですね。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。