TOP ≫ CATEGORY ≫ 広島県
CATEGORY ≫ 広島県
       次ページ ≫

レトロな商店街さんぽ

尾道海岸通り、目の前は尾道水道。
色んな船が行き交っている。
向島へ渡る船乗り場。

船着き場

片道5分弱で向島到着。
目の前に見えていますからね。

向島へ

尾道駅前に、レトロなバス 「尾道好きっぷライン」
土・日・祝日のみ運行。

レトロバス

芙美子像。
海が見えた
海が見える
五年振りに見る
尾道の海は なつかしい 

放浪記より こんな詩碑が建って居ました。

寅さんは、スーツケース1つで放浪の旅へ。
芙美子は、傘と小さなスーツケース持って放浪の旅へ。
全然違う二人なんですが、ふと重ね合わせてみました。
何かを追い求めて・・・

林芙美子像

路地の向こう、お寺に続く石段。

路地裏

もと銭湯だったという、レトロなカフェ。

大正湯

ユニークな看板。
毛糸の文字の中には、毛糸が入っている。

毛糸店

お茶をしに「あくびカフェ」へ。
旅と学校をテーマに、尾道空き家再生プロジェクトが、古材と廃材で作った再生空間。

あくびカフェ

通路横には、尾道ゲストハウス「あなごのねどこ」
格安料金で、バックパッカーが利用している。

あなごのねどこ

一昔前の学校の雰囲気も良い。
「出席を取ります」て声が聞こえたような・・・

あくびカフェ3

あくびカフェ2

学級日誌に書かれた、メニュー表。

学級日誌

歩き疲れた体に、スィーツが元気を取り戻してくれる。

パフェ

ガトーショコラ

尾道でも、パン屋さんへ。
無類のパン好きですから。
ネットで調べていた「パン屋航路」
並んでいます。
狭い店内には、3組入ればいっぱいに。

パン屋航路

テークアウトのパン。
モチモチの食感で美味しかった。

テークアウト

尾道・鞆の浦の旅も終わり。
新尾道駅から帰路へ着きます。
灯りが点り始めた、徳山石油コンビナート。
今回も、てんこ盛りの思い出、楽しい旅が出来ました。

コンビナート

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

尾道の坂道散歩

尾道散策は、ロープウエイに乗って山頂の千光寺公園へ行くところから。

乗り場

ロープウェイ

約3分間の空中散歩。
尾道水道と町並みが広がっていて絶景だ。


[広告 ] VPS


山頂駅。

山頂駅

下りは文学のこみち、朱塗りの赤堂の千光寺、猫の細道を巡りながら、坂道を下って行きます。
対岸 向島の風景。

尾道


ロープウェイ2

尾道と言えば、この風景。天寧寺としまなみ海道。
平山郁夫画伯の「しまなみ海道五十三次スケッチポイント」として陶板画が設置されていました。

尾道2

猫の細道は、多くの人が歩いていました。
猫ブームですよね。
しかし、中々猫に出会えない。
人が多すぎて何処かに隠れているのでしょうか。
1匹のらりくらりとやって来た猫「カフェ梟の館」の前で身じろぎもせず。

ネコ

自然石に猫のイラストを描いた「福石猫」や猫モチーフの、オブジェが点在していて探しながら歩くのも楽しい。

ネコ2

ネコ3

尾道は坂の街だから、登ったり下ったり結構、足が鍛えられる。
降りて行くごとに景色が変わる、それも楽しいですね。

マンホール

次回は尾道商店街を歩きます。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

福山から尾道へ⑤

旅先での朝は散歩から。JR福山駅から徒歩5分の福山城へ。
徳川家康の従兄弟である水野勝成が築城。

福山城公園へ入ってすぐ、圜鍔勝三(えんつばかつぞう)作 姉妹の像。
優しい眼差しで見つめているのは。

彫刻

弟像です。

彫刻2

愛のアーチ。
公園内には様々な彫刻も見られる。

愛のアーチ

石段を登って福山城へ。
緑が多くて癒されます。

福山城

福山城。

福山城2

天守閣から。

天守閣から2

天守閣から

朝食を済ませ、2号線を三原方面へ。
道の駅みはら神明の里までドライブ。
国道2号線沿いで唯一、瀬戸の絶景を一望できる道の駅。
(展望デッキから)

道の駅みはら神明の里

海がキラキラしている。

尾道水道

新尾道駅前でレンタカーを返し、バスでJR尾道駅まで。
尾道散歩です。

バス車内

JR尾道駅。
山の頂上、左側にお城?
何でも、バブルの頃、資産家の方がお城を建てたとか、その後、主は居なくなり・・・
放置されたままだとか。タクシーの運転手さんから聞きました。

尾道駅

尾道で食べたい物が、もう一つ。それは「尾道焼き」
駅前の、お好み焼きトマトで。

お好み焼き屋さん

「尾道焼き」 お好み焼きに砂ずり、イカ、キャベツ、豚肉其々の食感と、おたふくソースが相まって、美味しかった。

尾道焼き

次回は、尾道散策の続きです。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。


福山の夜はスペインバルで

夕刻、福山へ。
ホテルにチェックイン後、ご飯を食べに出かけます。
3月末、金曜日の夜は、送別会や歓送会などで福山の街は賑やかでした。
定年を迎えたであろう男性は、お仲間に囲まれてにこやかに談笑中、その手に小さな花束を持って。
そんな光景をあちこちで見かけました。
予めリサーチしていた、お店は満席で・・・何処もいっぱいのようだ。

「スペインバル アストリア」へ。
ラッキー! 1テーブル空いていました。

スペインバル

ご近所さんから、尾道方面だったら鯛料理でしょと言われたが、
スペインバルなのです。
女子会、男子会色々、ワイン片手に其々楽しんでいた。
スタッフが若くて・・・私の気分も高揚する?
ビール・ビール・烏龍茶で乾杯。

オイルサーデン

オードブル

ワインも進む。
私は、マンゴージュースで。

ワイン


タコのアヒージョを。
エビのアヒージョも美味しいんだよね。

アヒージョ

コロッケ?

チーズ

ペスカトーレ

続いて二次会は、焼き鳥屋さんです。

二次会

ここでは、美味しいお酒が揃っています。
私は勿論、ウーロン茶で。

カウンター

焼き鳥美味しかった!飲めなくても、こういう雰囲気が好きですね。

焼き鳥

これは、レンコンチーズハンバーグ。
食感が面白かった。

レンコンチーズハンバーグ

から揚げ

呉の郷土料理「がんす」魚すり身の天ぷら。

がんす

帰り道コンビニで、お酒やご当地物を買い私の部屋で三次会。
あ!甲子園カレー味。我が家は阪神フアンで・・・

ご当地物

楽しい夜は更けていく。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

尾道・鞆の浦さんぽ③

しまなみ海道から尾道を抜け、鞆の浦へ。
龍馬の蒸気船をイメージした渡船「平成いろは丸」が航行していました。

いろは丸

弁天島。

弁天島

ノスタルジックな港町 鞆の浦。
時間がゆっくり流れています。

鞆港

鞆港2

ネコちゃんも港の風景に溶け込んで・・・

ネコ

常夜燈。
鞆の浦のシンボル、夜には明かりが灯り幻想的だそうですが。
暗くなるまで待てないのです。ザンネン!

常夜燈

常夜燈2

ロケ地めぐりも有るようで。
テレビドラマ「流星ワゴン」で数々のシーンが撮影されたとか。

ロケ地

ロケ地2

鞆町伝統的建造物群保存地区。
町家や商店それぞれに、意匠を凝らした町並み。
虫籠窓、海鼠壁、船板壁、出格子窓など町ごとに特徴があるそうです。

町並み3

町並み

町並み2


保命酒。
桂皮などの薬味6種を本味醂に漬け込んで造る、和製リキュール。
誕生して350年 ペリーも愛した歴史ある保命酒と、パンフレットで。
鞆の浦には、保命酒のお店が至る所に有りました。
試飲させて貰って、梅酒味が美味しかったので、お土産に。

保命酒

保命酒2

龍馬直談判の場所とされる「御舟宿いろは」

いろは御舟宿

ささやき橋。
応仁天皇の頃、百済の使者を迎えるため大和朝廷から鞆に派遣された接待官の男女が恋に落ち・・・
とがめられ、二人は海に沈められた・・・
その後、橋の周辺で男女の、囁き合う声が聞こえて・・・
怖~いお話だね。
それにしても、小さな橋じゃありませんか。

ささやき橋

満開の桃の花。

桃の花

鞆の浦を後に福山へ向かいます。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。