TOP ≫ CATEGORY ≫ 広島県
CATEGORY ≫ 広島県
       次ページ ≫

不思議なガウディハウス

尾道観光地図に「尾道ガウディハウス」と出ていた。
興味津々で、尾道駅の裏側へ。
中々見当たらない。
もしかしてこれ?
「通称ガウディハウス」急斜面に建てられた和洋折衷の建築様式。

ガウディハウス

屋根が二重、三重になっている不思議な家。
10坪ほどの家は、自由奔放に構成されているかのようですが。
中を窺い知ることは出来ませんでした。

和洋折衷

すぐ近く「三軒家アパートメント」
地元の方に聞いても、知らないらしく・・・
酒屋さんで、やっと所在地が分かりました。
昭和レトロな工房やギャラリー、カフェ等々。
平日なので閉めているお店も。

三軒家アパートメント

2階の雑貨屋さんを覗いてみました。

雑貨屋さん

尾道散歩、新たな発見も有り楽しかった。
レトロな居酒屋いっとく。
店舗には「Carp 中継しています」と貼り紙が有り。
此処は広島。飲みながら、広島カープのテレビ中継が見られるのだ。

居酒屋

尾道駅前に戻り。
海岸通りを散策。
心地よい風が吹いている。

尾道水道

フェリーももかぜ。
瀬戸内の離島航路を結ぶ備後商船。

フェリーももかぜ

向島の造船所。
尾道を満喫して、そろそろ帰ります。

造船所

JR三原駅へ。
「ようこそ瀬戸内海とタコのまち三原へ」
三原名物たこ料理 へぇ~そうなんだ。

三原駅

三原駅2

三原駅3

あちこちにタコ タコ タコ。
この石垣に、タコは?

三原駅4

ガラス窓の向こう、石垣に埋め込まれている「三原城跡」なるものを発見。
JRと繋がっている珍しい城跡は、新幹線が見られる公園に。
天守台・石垣・濠が残っている。

三原城跡

こだま749号に乗り込み九州へ。
車窓左手に広島市民球場が見えた。
昨年、セリーグ優勝の広島カープ本拠地だ。
我が家は三代に渉るタイガースファンである。
今年は好調で吃驚している。
夫もお空の上で喜んでいるだろう。

広島球場

Yさんとは小倉駅で別れ。
又の会う日を楽しみに家路に着きました。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

坂道カフェで ひと休み

尾道は坂の街
猫たちのいる路地裏
雰囲気のある坂道
尾道ならではの風景を楽しみながら歩きましたが・・・
此処に住んでいらっしゃる方は、坂の昇り降りは大変ですよね。

坂道4

坂道

坂道2

志賀直哉旧居下に。
健康への道100選
出発点から 1㎞
エネルギー消費量(体重60㎏)で 41Kcal
土地の方は坂の昇り降りで、結構エネルギーを消費しているのですね。

坂道3

少々歩き疲れて。
お茶したいねと、カフェ探しを。
坂道の途中あちこちに点在するカフェ。
「梟の館」

梟の館

大正時代の古民家カフェ。
タイムスリップした風景です。

古民家

こちらも趣のある古民家カフェ「帆雨亭」
此処でひと休み。

帆雨亭

窓際の席に座れば、尾道水道を眺めながら・・・
先客がいらっしゃいました。
写真だけ撮らせて貰って奥の席へ。

窓際で

尾道ゆかりの文学を。
志賀直哉の初版本など貴重な資料を展示。
自由に閲覧できる。

尾道ゆかりの

志賀直哉

江戸末期生まれ曾祖母の手鏡と、年代物の和箪笥。

古い手鏡

黒蜜寒天とお抹茶セット(アイスクリーム添え)
最高に美味しかったです。
ほっこりした時間を過ごして元気が出ました。

お抹茶セット

そろそろ先を急がなくては。
もう一か所、寄る所があります。
「尾道ガウディハウス」って?
次回へ続く。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

ここは猫の細道だ にゃ~

坂道散歩は猫の細道へと。
招き猫美術館から天寧寺三重塔にかけて続いている約200mの細い路地。

猫の細道

道のあちこちに、猫をモチーフのオブジェが。
「よく来た にゃ~」と、にっこり!

ネコ

ネコ5

自然石に猫のイラストが描かれた福石猫。
なんと100匹くらい居るという。
岩の上や屋根の上、探して歩くのも面白い。

ネコ2

ネコ3

アカ(厄除け)
気になる部分を薬指でなでて下さい 無病息災。

ネコ4

中央に、でんと構えているのが初代の福石猫。

福石猫

「ようこそ」と、三つ指ついて?礼儀正しい、にゃんこ。
本物のネコちゃんに出会えた。

にゃんこ

寛いでいる、にゃんこ。

にゃんこ2

凛々しい顔のにゃんこ。

にゃんこ3

にゃんこと振れ合いながらの散策、楽しかったけど少々疲れたので、一休み。
という事で、次回は坂道のカフェへ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

尾道 坂道散歩

千光寺山頂から中腹に広がる千光寺公園。
小・中学生から高校生まで、遠足に来ていて賑やかだ。
あちこちでお弁当を広げていたり、展望台からの景色を楽しんでいた。

さてと。坂道を下りながらの散策開始です。
文学のこみち。
千光寺へ続く小路沿いに、林芙美子・正岡子規・志賀直哉など尾道ゆかりの作家の文学碑が25基。
読みながら歩きます。
時折、木立の間から尾道水道や新尾道大橋が見える。

文学の小路

木の幹が、動物の形に見える。
目玉も付いているし。
スラリと伸びた一本足。
何だこりゃ?

造形

千光寺。
山の斜面にせり出すような舞台造りの本堂。
尾道市街や向島など、ロケーション抜群。

千光寺2

鐘楼。

千光寺

ロープウエイ

天寧寺 海雲塔。
元は五重の塔だったが、損傷が激しいので二重を取り払って、三重塔として改築され今の姿に。
三重塔と尾道水道、ビューポイントです。

天寧寺

天寧寺2

坂道を下ったり、登ったり・・・
ポンポン岩へ。
小学生の集団が「こんにちわ」「こんにちわ」と声をかけてくれる。
後から後から子供たちが「こんにちわ」「こんにちわ」と。
私たちも「こんにちわ」「こんにちわ」と声をかける。
「こんにちわ」簡単な挨拶だけど嬉しいですね。
千光寺周辺は巨石が多い。
その内の一つ「ポンポン岩」

鼓岩

備え付けの木づちで叩くと、鼓を打つような音がする。
「ポン ポン ポン」と。

ポンポン岩

にゃんこ出現!
次回は猫の細道へ。

にゃんこ

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

坂道の町 尾道を歩けば

「姫路城・竹田城跡・備中松山城ツァー」で、お友達になった、Yさんと尾道へ出かけました。
AM7:30 小倉駅新幹線口で待ち合わせです。
「銀河鉄道999」車掌と客席が登場して、新たな待ち合わせ場所になっていた。

小倉駅

こだま734号で三原まで。
窓外の景色を楽しみつつ・・・トンネルばかりだ。
お喋りして居たら、2時間10分もあっという間に。
三原から在来線に乗り換え。尾道へ。

尾道駅

尾道は初めてだというYさん。
尾道駅前に広がる尾道水道や造船所の風景に期待が高まったようです。
路地の向こうは海。

路地

露店で干物を売っていた。
「でべら」って何?
正式には「たまがんぞうひらめ」
手を広げたような形で手平だとか。
さっと炙って焼く、お酒のおつまみに。
「でべら」は尾道の冬の風物詩に。

でべら

尾道と言えば、尾道ラーメンと、お好み焼き。
干物屋さんで、お薦めの「お好み焼き屋さん」を教えて貰い。
海岸通りの「お好み焼き いのうえ」へ。

いのうえ

豚肉・海鮮・キャベツ・焼きそばで広島風お好み焼きを。

お好み焼き

焼き立て熱々を、フーフー言いながら食べる。
美味しかった!

お好み焼き2

著名人も来ているようで。

店内

お腹いっぱいになり。
これから坂道の町を、頑張って歩くぞ!
やはり坂道を上がるのは、きついので上りだけは、ロープウエイに乗って。

ロープウェイ

千光寺公園 頂上展望台から。
尾道水道と向島。

尾道水道

ここからは、景色を楽しみつつ坂道散歩。
ネコちゃんにも会えたよ。
次回へ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。