ぼちぼちいきましょう

福岡、熊本、大分を中心とした、名所や季節の風景の写真を紹介しています。福岡県在住の“アラ古希”の女性です。

Category [美術展 ] 記事一覧

健さんの特別展を見て

北九州市立美術館分館で開催中の、追悼特別展「高倉健」を見てきました。会場に入ると、そこは健さんの世界。天井から壁全体に、健さんの映像が流れる。次の部屋へ移動すると、出演作205本のすべてから抜粋した映像の紹介。プロジェクターが20以上あって、若き日の健さんから重厚な演技を見せる健さんが映し出されている。美空ひばりと共演した頃の健さん、凄くカッコいい。晩年の渋い演技に、不器用さは感じられませんが素晴らし...

石橋美術館へ行って来ました

7月1日 石橋美術館。「石橋美術館物語 1956久留米からはじまる」午後2時30分から開会セレモニー。内覧会で一足お先に、絵画鑑賞します右側は創始者の石橋正二郎。1956年に開館した石橋美術館は、今秋より久留米市に引き継ぐことになった。石橋美術館としては最後の美術展なんですね。タイトルも「1956 久留米からはじまる」久留米出身の、青木繁・坂本繁二郎・古賀春江など画家たちを紹介する美術館。今回は、休館中の東京ブリ...

片岡鶴太郎展、見て来ました

苅田町の美術館・博物館めぐり今回は「片岡鶴太郎展 還暦紅」です。朝から雨が降っている。東九州道を通って、大分市美術館へ行きます。バス席は最前列に。眺望も良いなと期待していましたが・・・雨です。それに、キリ注意の警告が出ています。別府辺りでは、濃霧で。まるで、雲の中を走っているみたい・・・自動車道は通行止めにはならずに、50Kの速度制限です。大分市美術館。画業20周年を迎える鶴太郎さん。墨彩画、陶芸...

印象派展を見て来ました

天神の賑やかな通りを抜けて須崎公園へ。木々の緑が眩しい。シロツメクサの白い小さな花が、一面に広がっている。福岡県立美術館へ。色彩の奇跡 印象派展セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、マティスなど、印象派とその時代の巨匠たち。楽しみにしていた美術展です。来館した時、このセットの前に、アルルのはね橋を再現した特大ケーキが置かれていた。テレビ局のカメラも有ったりして・・・多くの人が取り囲んでい...

「印象、日の出」見て来ました

マルモッタン・モネ美術館所蔵「印象日の出」から「睡蓮」まで。モネ展へ。護国神社駐車場から、国体道路を渡ると、福岡市美術館は目の前だ。右端に銅像が見えた。福岡生まれの政治家、廣田弘毅の石像である。福岡県で初めて、総理大臣になった人物。美術館入り口に、ひっそりと、堂々と立って居た。モネ展会場へ。”究極のモネ展” 10代から晩年まで、「モネのプライベート・コレクション」第1章 家族の肖像から、第6章 最晩...

ご案内

プロフィール

doremiちゃん

Author:doremiちゃん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング