TOP ≫ CATEGORY ≫ 長崎県
CATEGORY ≫ 長崎県
       次ページ ≫

雨に煙る鬼木棚田

長崎県波佐見町、鬼木棚田は日本の棚田百選に選ばれています。
陶郷中尾山~案山子を見て、まだまだ山道を登って行きます。
曲がりくねった細い道、対向車が来ませんようにと。
棚田が見えて来ました。

日本の棚田百選の郷 鬼木棚田
鬼木郷 まちづくり景観資産
鬼木棚田と集落の碑
ここから棚田が一望できます。

鬼木棚田

刈り取りの終わった田んぼや、まだ実った稲穂の田んぼが、アートのような段々畑です。
イノシシ退治の案山子。
「コラー!!また田ん中に入る」

棚田1

棚田2

中央を走る道路の両側に、案山子が見えます。

棚田3

オレンジ色の線の脇です(分かるかな?)

棚田4

雨降りだから見物客は居ないでしょうと思っていましたが。
雨は関係ないみたいです。
雨に煙った棚田も幻想的で良かったですね。

棚田5

波佐見焼・案山子・鬼木棚田。
雨にも負けず満喫しました。

棚田6

晩ごはんは飯塚 国道200号線バイパス沿い「エクセル ブランチ」で。
レトロな洋食屋さんです。
店内は何処か懐かしい雰囲気で。
ハンバーグとカキフライを。
凄く美味しかったです。

ハンバーグ

秋の日は釣瓶落とし。
日はとっぷり暮れて。
午後9時帰着です。
ステキな一日でした。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

田んぼの案山子

雨の波佐見町。
陶郷 中尾山へ上がります。
窯元の有る通りを走り抜け・・・
お目当ては、鬼木棚田です。

中尾山

結構な雨が降っています。
?案山子らしき物が見える。

雨の中

「ヤッター!」案山子がいっぱい居るじゃないですか。
9月22日に鬼木棚田まつりが有り、案山子の展示は10月10日までとの事で。
約130作品の案山子が、この地区に点在しているそうな。
出会いに感謝です。

波佐見町マスコットキャラクター「はちゃまる」
ようこそ 鬼木へ

かかし

神様の着地
航平君 すごすぎ!!

かかし2

安倍マリオ 2020 TOKYO

かかし3

お疲れさんですか?くまモンのようなクマ。

かかし4

地元波佐見高校の野球部員にしては、お腹が出過ぎじゃありませんか。
甲子園目指して 日や頑張っております。

かかし5

くまもと がまだすもん!

かかし6

はっけよ~い のこった。
千代の米の勝ち~

かかし7

傘をさしての案山子の撮影は、この近辺だけで終了。
結構、濡れました。
次回は鬼木棚田へ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。


西ノ原てくてく

波佐見町 西ノ原工房を訪ねて。
南倉庫で暮らしの器あれこれを、ゆっくり見て楽しみました。
こちらは仕事場。

工房

モンネ・ポルト
レトロな建物は、アートを中心にした多目的空間。


工房4

工房5

工房2


工房3

工房6

画材や文具のセレクトショップ。
可愛い文具がいっぱい揃ってる。

工房7

やきもの公園へ。
雨降りなので上がらず、下から写真だけ撮りました。

焼き物公園

観光交流センター。
10月8日 この雨の中 JRウオーキングが開催された。
赤い法被を着たスタッフがいましたが、午後3時にはもう撤収。

陶芸の郷

陶芸の館(くらわん館)
館内は撮影禁止です。
普段使いの食器がいっぱい並んでいます。
あれもこれも良いねと。
お目当ては急須。

波佐見焼き

使い勝手の良い器と小皿と急須を連れて帰りました。

波佐見焼

この急須は優れものです。
お茶を注いだ後、お茶が垂れない。
スーパーステンレス製の、SS茶こしは茶こしの穴が細かくて茶葉の欠片が出にくい。
目詰まりしにくく、お手入れ簡単。
美味しくお茶を頂いています。

急須

続いて中尾山へ、何に出会えるかな。
次回へ。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

雨の波佐見町を歩いて

三連休の初日、雨にも関わらず、波佐見町へ行って来ました。
飯塚から筑紫野へ抜ける冷水道路は、大渋滞で車が中々進まない。
皆さん何処へ行くのだろう?
刈り取られた田んぼと、ススキをのんびり眺めながら。

ススキ

小郡ICから大分自動車道~長崎自動車道~西九州自動車道へ。
曇天です。

曇天

波佐見・有田ICを降りて、波佐見町へ。

波佐見

マンホール

まず西ノ原工房へ。
器・雑貨・文具・カフェレストランと色々有って、ワクワクします。

西の原

工房

工房2

南倉庫。

南倉庫

可愛い物いっぱいです。
雨降りでも結構お客さんが来ていました。
若い方が多いですね。

工房3

工房4

工房5

工房6

ウサギ

この続きは次回に。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

長崎波佐見秋陶めぐり

10月25日、バスツァー「長崎波佐見秋陶めぐり・・・」に行って来ました。
今回は、凸凹ペアで。朝方、曇っていた空模様でしたが、段々晴れてきて。
小倉駅を出発。

秋陶めぐり

トイレ休憩の基山PAで、単車の軍団が・・・
ピッカピカに磨かれた車体。ミーハーなのですぐ、寄って行くのですよ。

単車2

傍らでは、革ジャンを着た中高年の、ライダー達が談笑中。
風を切って走る単車は爽快だろうな・・・

波佐見町に着きました。
多くの窯元が残る中尾山から、秋陶めぐりスタートです。
「秋空に8本の古い煙突・路地裏・ゆたかな自然に囲まれて」
タイトル通りの、郷愁を誘う、焼き物の里である。

清流橋を渡って、少し登り道を歩きです。

清流橋

「行き」「帰り」1日3便、予約制乗り合いタクシーの停留所。

バス停

中尾山

1644年に始まったとされる、中尾山の陶磁器生産。現在でも20程度の窯元、商社が歴史を守りながら作陶されているという。

中尾山3

中央、茶色に見えるのが、登り窯跡。

中尾山2

世界最大級の「中尾上登窯跡」長さ、160m。
すぐ近くに「大新登窯跡」170mが有ります。

中尾上登窯2

中尾上登窯跡、近くまで行きましたが、160m登るのは、少しきついので、見学は辞めました。

中尾上登窯


石畳通りを歩いていると、屋根の上に・・・

石畳通り

近づいて見ると、へんてこな植物が、いっぱい生えている。

屋根の上

「ナニコレ!」

?

次回は、秋陶めぐりです。

↓ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。